【5選】石原さとみの実家が金持ちと言われる理由!小学校受験・習い事の数!

石原さとみ

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

女優の石原さとみさん。

そんな石原さとみさんの実家がお金持ちだという噂です。

実家がお金持ちと言われる理由はなんでしょうか?

そこで今回は

【5選】石原さとみの実家が金持ちと言われる理由!小学校受験・習い事の数!

についてまとめました。

目次
スポンサーリンク

【5選】石原さとみの実家がお金持ちと言われる理由!

金持ち

石原さとみさんの実家はお金持ちという噂があります。

実際に『石原さとみ 実家』と検索すると金持ちというキーワードが出てきます。

石原さとみ

石原さとみさんの実家がお金持ちと言われる理由が5つ見つかりました。

  • 父親が創価大学名誉教授という噂
  • 母親は聖教新聞の幹部秘書という噂
  • 幼少期の習い事の数
  • 小学校から私立学校
  • 中学でオーストラリアにホームステイ

一つずつ見ていきましょう。

理由①父親が創価大学名誉教授という噂

1つ目の理由は父親が創価大学名誉教授という噂です。

石原さとみさんの父親は創価学会関係者と言われています。

創価学会本部職員・創価大学の文学部長・創価大学教授・

創価学会が発行する聖教新聞の幹部などと様々な噂があります。

中でも一番有力なのは創価大学名誉教授です。

名誉教授とは、その大学で教授として

特に優秀な功績を残す必要があるようです。

一般的に、大学を退職した後に名誉教授の称号が与えられます。

大学教授の年収は1,000万円とも言われています。

石原さんは父親とはとても仲がよく、

一緒にランチにいく仲なんだとか。

家族の仲の良さが伝わってきますね。

スポンサーリンク

理由②母親は聖教新聞の幹部秘書という噂

2つ目の理由は母親は聖教新聞の幹部秘書という噂です。

石原さとみさんの母親も創価学会の関係者と言われています。

一番有力なのは、聖教新聞の幹部秘書との噂です。

父親とは職場恋愛とも言われているようです。

とてもしつけには厳しい母親だったようで、

「挨拶・食事マナー・言葉遣い」などをしっかり教育されて育ったそう。

秘書という仕事柄、マナーには厳しかったのかもしれません。

理由③幼少期の習い事の数

クラシックバレエ
イメージ

3つ目の理由は幼少期の習い事の数です。

石原さとみさんは幼少期に多くの習い事をしていたようです。

過去のインタビュー記事ですが、

とにかく習い事をたくさんしていました。お琴とピアノは母に勧められて6歳で始め、その後、クラシックバレエ、ヒップホップダンスは自分からお願いして習わせてもらいました。他にも、楽器や球技など、とにかく好奇心旺盛な女の子でした。やりたいことは何でもやらせてくれました。

子ども応援便り

子どもが”やりたいことをやらせてもらえる環境”

だったのが伺え、

理想的な家庭環境だと思います。

お琴やクラシックバレエはお金がかかる

イメージが強いです。

裕福な家庭だからこそできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

理由④小学校から私立学校

イメージ

4つ目の理由は小学校から私立学校です。

石原さとみさんは小学校から高校まで、

創価学会系列の学校に通っていまです。

東京創価小学校・創価中学校・創価高校です。

同じ学園の系列になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次