宇宙まおの新しい作品ができました。
歌いたいことをただ歌っていったら、懐かしさと切なさが漂う”宇宙まおらしい”作品になった気がします。
演奏はThe Soul Hood Band 。宇宙まおのライブサポートをデビューの頃からしてくださっているメンバーです。私の耳を育ててくれた素晴らしい先輩たちです。この人たちとレコーディングするんだ、ということを強くイメージしながらどの曲もデモを作っていきました。
プロデューサーは久保田光太郎さん。私に見えていなかった、登るべき音楽の高い山を教えてくれました。まだ麓に辿り着いた、って感じだけど、それでも今回は「歌」や「音楽」そのものに、よりストイックに向き合って作れたと思います。
未来は勝手にやってくる。今の自分を今に刻みつけていく行為が、私にとっての音楽です。過去を歌うことはネガティブなことではなく、前に進んでいくということ。
失くしてしまった過去、それは永遠です。
あなたの想像力に思い切り寄りかかって歌っています。あなたの”永遠のロストモーメント”に、私の歌を連れていってください。




1. 正体
生きるってなんでしょう。ご飯を食べる、寝る、人と関わる。ただそれだけをしていれば本来いいはずなんですけど、なぜかそれ以上の要素が人生には多過ぎる。求めてしまう。私たちが求めているものってなんなんでしょう?何が揃えば、満足できるんですか?一緒に考えてほしい。
詞の結末は、映画「us」の結末にヒントを得ました。ホラー映画なので要注意。



2. もう踊れない MV
狭い世界でイキッている人のことを歌った歌です。こんな考え方に落ちたくないな、って思って書いた詞ですが、歌っているとなぜかめちゃくちゃ気持ちよくなってきます。言葉にコントロールされていく感覚になります。危険な歌です…。いつだって自分が思っているより、多くのものは見えていないんだと思います。



3. ビールの王国
お酒のある空間が幸せであれ〜と思って作りました。飲む人飲まない人、仕事する人しない人、君も僕もあなたも私もみんなおんなじ非現実を、夢み心地で漂うときがあってもいいじゃないか〜。全国のビールフェス関係者のみなさま、いつでも歌いに行きますからね〜!



4. キッチンの恋人
おいしい料理を作れる人に、とても色気を感じてしまいます。本能的なものかもしれません。
友達夫婦の新居に遊びに行ったとき、旦那さんがベランダでハーブを育てていて、まめな人だな〜と感心したエピソードを入れました。
うまくいく間柄には、お互いの見えないところでの気遣いというものがものすごく作用しているんだろうな〜と思って作った歌です。みんな偉いよ。



5. ピザとコーラ
ありのままの姿+なりたい理想像=今の自分
強がったり見栄張ったりして得た環境も、自分がこれから進む方向。ってことで。嘘にはならない。
なんたって私も歌詞書いてからタランティーノ見始めましたから。
1番のAメロの詞は、友人のSSW見田村千晴さんの家でピザパする直前に書いたものです。ピザのネット注文複雑〜!



6. 潮騒
“情景”を描写するのが面白くて、今回はそれを思う存分やりたくて、想い出のなかにあるようなないような、そんな光景にファンタジックな想像を膨らませながら書いた詞です。サビの韻も気に入ってます。
何年か前、神戸のトアロード・アコースティック・フェスティバルに出演したときに、原型を歌いました。神戸の海がとても好きです。
このアルバムのテーマがあったからこそ書けた世界かもしれません。懐かしさを胸いっぱい吸い込んでください。



7. 東京 MV
再開発が進む街の光景と、自分の内面の移ろいが重なって生まれた歌です。
私は東京が好きです。結構愛してる。この街をテーマに、いつか歌を書きたいとずっと思っていました。
なぜ好きか。便利だから、刺激的だから、故郷だから、安心するから、いろいろ思いつくけど、はっきりした理由はわからない。ただ、ずっとここにいるし、これからもいたいと思う。
なぜ東京は、変化し続けるんだろう。誰のために、なんの目的で?
東京という場所に、みんなが他人事。誰もが、本当のことを知らない。
その奇妙さやいびつさ、捉えどころの無さに、惹き付けられて目が離せない。
「もうない待ち合わせ場所」って、下北の南口のことなんだけど、あの頃のこと、私は忘れたくないって思って、歌にしました。そんな場所いっぱいある。
もう今は想い出のなかにしかない場所、あなたにもあるよね。どの街にもある。
そういうものを抱えて生きていこうね。大事にしたいものが今目の前になくてもきっと大丈夫。あなたの一部として生き続けてる。
失くしてしまった過去、それは永遠です。






2020.01.08 Release『永遠のロストモーメント』
¥2,200(tax in) MUCD-1445

1. 正体
2.​ もう踊れない
3. ビールの王国
4.​ キッチンの恋人
5.​ ピザとコーラ
6. 潮騒
7. 東京