ホーム > ブログ

ブログ

こんちには!

2017年05月30日
宇宙です。



ツアー初日名古屋まで、
残すところ2週間ほどになりましたね!
リハーサルも進んでいます。



素晴らしいアレンジの歌たちは、空想の世界から、
素晴らしいミュージシャンの魔法の技術で、
生の姿形を現実に現してくれているかのようです。
ライブってこれだからいいんだよね。
だからみんな行くんだよね。
「ベッド・シッティング・ルーム」の新曲、 ここでしか聴けないものもあるかもしれません。
体感しに来てくれることをオススメするよ。
魔法を体感してほしい。

先週末はアコースティックライブ三昧だったね!
渋谷タワレコインストア、平日なのに来てくれてありがとう。
観光客の人に英語通じなくて笑った。



土曜日は、イオンモール土浦!
同じドリーミュージックのレーベルメイトのみなさんと、
音楽で土浦を盛り上げられたかな。
茨城、もっともっと攻めていきたい!



そして日曜日はまんパク!
また今年も帰って来れて本当に嬉しかった。
私が参加するのは今年で4年目になるまんパク。
まんパクのステージでは、
ちびっこたちとの出会いがたくさんある。
彼らは本当に熱心なお客さんで、
一度気に入ってくれると、毎年必ず来てくれる!
開催期間中何度も来てくれた子もいた、お母さんお父さん、ご苦労様です…。
宇宙まおのまんパク限定グッズ、
ぽぅくんとのコラボの赤いバンダナがあるんだけど、
それを彼らは首に巻いて、一番前でステージを見上げてくる。
お行儀よくじっと見つめている子もいれば、はしゃぎながら走り回っている子もいる。
ラーメン食べながら歌ってる子もいる。
みんな本当におもしろいんだよ!
音楽を自由に楽しむって、これだなーって。
だから私も自由に歌おうって思えるんだよー。
思春期になっても、中二になっても、
大人になっても、ずっとずっと、
私の歌を口遊んでいてくれてたらいいなー。
みんなが大人になること考えたら、ちょっとさみしい。
誰だ私、親かな。笑

君たちが子供を卒業して、
私もまんパクを巣立つときが来ても、
ずっとずっと一緒にいたいな。











今年も、たくさんの思い出をありがとう!
まんパク、大好きだよ。

来てくれたあなた、ありがとう!
今度はまんパクを飛び出して、
ワンマンライブで会いましょうね!
音楽の対話の続きを、ライブハウスでしましょう。
待ってるよ!

「BSR」レコーディング裏話シリーズ その3

2017年05月24日
こんにちは!
宇宙です。

ツアー初日の大阪まで、もうあと2週間ちょっととなりました!フゥ〜!
みんな来てくれるかなあって、毎日胃がキリキリしてますッ。
心配なことや不安なこともたくさんあるけれど、
これを乗り越えて会場でみんなに会うことができたら、
音楽が新しい景色を見せてくれるんじゃないかなって
妄想しながら日々スタジオに入ってるよ。
変わらないものなんてないから、
今しか作れないものがその時々で必ずあるんだよね。
そんなもので満ちた空間にしたいなと思ってます。
ライブハウスで待ってるよー!

時間が空いてしまったけど、
レコーディング裏話の続きをお話したいと思います。



今回の作品で、12曲全てに渡って演奏してくださった、
ギターの林部直樹さん。

林部さんには、
前回のフルアルバム「ロックンロール・ファンタジー」のときにも
弾いてもらったんだ。
「かわいい人」「自転車」「深海レストラン」の3曲。
どれも、サウンドから見える景色が、豊かなものばかりですよね!
多国籍な雰囲気というか。
今回も、林部さんの魔法の指先が、
エレキからアコギから、ハードな音色から優しいアルペジオまで、
いろんな世界へ旅に連れ出してくれました。

林部さんは、とても大御所なのに、とても気さくな人!
いきものがかりのファンの方ならおなじみなのでしょう、
質問がおもしろいんです…!
いろんなことを話しかけてくださったので、
私もじゃんじゃん聞きたいことを聞けました。

「風のうた」などで使ってくださっている、
この黒いレスポールギター。



楽器屋さんでたまたま見つけて、
弾いてみたらすごくいい音だったんだって。
このボディやピックアップは、
前の人の趣味でオリジナルの状態からカスタムされてしまったものなんだけど、
実は中身はめちゃくちゃ価値のあるビンテージだったらしい。
見た目ではわからないけど、
弾いてみてその価値がわかるってやっぱりプロの耳ですよね…!
とてもおもしろいエピソードでした。
音楽でなくても為になる感じのいい話☆



機材の山、ここから魔法のサウンドが…

書いていたら、
林部さんに、なんだか会いたくなってきました…。
ギターの音だけでなく、
人柄までもが人を引きつける素敵なミュージシャンです。
林部さん、ありがとうございました!



次回は、もうひとつのレコーディングチーム、
私のライブサポートバンドのメンバーのお話を書きます。
お楽しみに〜

UCHU TOURS!

2017年05月23日
こんにちは!
宇宙です。

昨日は、宇宙まおレギュラーラジオ番組
ZIP-FM「UCHU TOURS」の収録でした。

24日放送の回では、ツアーへ向けて、コンセプトの近いお話、
ワンルームマンションを舞台にした短編小説を朗読しました。
普段、読む本のジャンルとしては、小説って割合少なくて、
いつも実用書や新書、エッセイとかが多い宇宙まお。
フィクションの世界に入り込みにくい私にも、久しぶりにヒットした作品でした。
短編としてのクオリティーもすごい高いなって感じました。
さて、何の本でしょう。
放送をお楽しみに^^

そして30日の放送では!
なんとゲストが〜〜!!

「UCHU TOURS」の前のプログラム「ミッドナイトクローム」を担当している、
セルクロームさんが来てくれたよー!



どうですか、イケメンでしょう〜〜??
いつも放送を聴いているイメージでは、
大学生くらいかな?とか勝手に思ってたんだけど、
初めてお会いしてみたら、実は年もそんなに離れていなくて、
同世代トークがはずみましたよー!
今後も、一緒にZIPの深夜帯を盛り上げて行きましょう!!

そして!
UPDATE28のコーナーにもゲストが!
イタリア語の先生の、エンリコ先生ですー!



エンリコ先生は、日本語の学校に通いながら、名古屋で生徒さんをたくさん教えているんだって。
先生も日本語をまだ勉強中だから、
お互いたどたどしい会話になっててそれがすごい面白かった。
それでも一生懸命私の話を聴いてくれているときの表情が、
だんだん若き日のロバートデニーロに見えてきました…。
そんなダンディなエンリコ先生のイタリア語講座、
お楽しみにー!!

先週の放送は聴いてくれたかな?
サロンライブの様子をお送りしましたがどうでしたか?
「Home」企画、よかったね!
家族に感謝の気持ちを伝えよう、ということで、
会場に来てくれたみなさんにお手紙を書いてもらったんだけど、
小学生の男の子から一緒に来ていたお父さんへのお手紙が素晴らしかった。
お父さんよりも、しっかりした受け答えができている印象でした(笑)
お父さんごめん(笑)



お父さんお母さん、そしてぼく、ありがとうございました!
こうやって、ライブに来てくれて、企画に参加してくれたみなさん、
素敵な時間を共有してくれて本当にありがとう。
また何か、楽しいことやりたいね!

生放送ごとライブに参加してくれた、
フレフレフライデーのなっちゃん、嵐のような元気さでしたね!
雨が降ろうが風が吹こうが、
いつでも”白井奈津”印を貫いてるなっちゃん、やっぱりスゴいなあと思いました。
番組にも出演させてくれてありがとう!
これからも、ついていきます!先輩!

ラジオってやっぱり楽しいね。
これからも、音楽とおしゃべりの宇宙旅行、しよう。

北海道〜仙台の旅

2017年05月19日
こんにちは!
宇宙です。

今週の旅のご報告を。

札幌のインストアライブに来てくれたみなさん、ありがとうございました!
歌いに行くのは1年半振りだったわけだけど、前回来てくれたみんなのこと、お顔や名前すごく覚えていた!
10代のみんなが、少し大人になっていて、親戚の子の成長を感じるときの気分に似ていました。(笑)
頂いたプレゼント、大事にするね。
本当にありがとう。
私の父の出身地である北海道。
私のルーツである札幌に、また必ず歌いに行くよ!



HMV札幌ステラプレイスさん、ありがとうございました☆

仙台のインストアライブも、盛り上がりましたね!
山野楽器のお店の前で歌ったんだけど、
商店街の人通りがすごくて、初めての人にもたくさん見てもらえました。
何度もライブに足を運んでくれている方にまた会えたのも嬉しかったよ。
この日初めて聴いてCDを買ってくれたとあるドイツ人の方。
日本語が全くわからなかったみたいで、私も英語が全く話せなくて、
何一つ言語でやり取りできなかったんだけど、筆談でなんとかUCHU MAOを伝えて、Youtubeを知らせることができました。
彼がドイツのすごい偉い人で、すごい影響力でFacebookかなんかで広めてくれたら、宇宙まおはドイツで有名人になれるかな^^
どんな出会いがあるか、わからないのが
こういったフリーライブの醍醐味ですよね。



山野楽器さん、ステキなステージをありがとうございました!

ラジオやテレビの生放送や、収録もたくさんして頂きました。
収録したものは、このあと放送されていくと思うので、
チェックお願いします。




パーソナリティの皆さんやスタッフの皆さん、ありがとうございました!









3日間だったけど盛りだくさんの旅だったよ。
もっともっと「ベッド・シッティング・ルーム」を届けて行きたい。
またお会いしましょう〜〜!

次回のライブは、
渋谷タワレコインストアライブ!
おたのしみに〜!

今夜はフルコーラス!

2017年05月16日
こんにちは!
宇宙です。

札幌へ向かう道すがらブログ書いてるよ~。

今夜は、BSスカパー「フルコーラス」の放送ですね!



MCのハマくん、何年か前によく飲みの場で会う機会がたくさんありました。
同年代のミュージシャンが集まる会が当時よくあったんだよね。
私もたまに呼んでもらってて、
そこでハマくんや、ねごとのみずきちゃんやら、
フレンズのえみそんやひろせくんと、
楽しく飲んだ記憶があります。
(みんな年は一個下)
それ以来ハマくんとはフェスの現場などで
挨拶させてもらったりしていたので、
今回慣れないテレビの場にハマくんがいてくれたことは大変ありがたかったです!

そして、ベッキーさん!
「ヘアカラー」という歌は、
まさにベッキーさんのような経験をされた女性の歌だと思ってる、勝手に…。
たぶん、私なんかの想像をはるかに超えた、
苦しみや痛み、反省や後悔を抱えて、
それを今まさに乗り越えようとしているその覚悟を、
ほんの何十分かのやり取りでしたが、
私は感じることができました。
とてもカッコいいと思いました。
ロングヘアーをバッサリ切ったヘアスタイルが
とても似合うと思いました。
楽しいトークだったぁ。

宇宙まお、パフォーマンスもがんばってきたよ!
「ヘアカラー」はもちろん、
「ベッド・シッティング・ルーム」をテレビ初披露しています。
今回のバックバンドのみなさん!



今回もシブくステキなお二人。



収録の合間に写真とか撮れちゃうくらい、
今回は程よくリラックスできてた気がします。
緊張と解放が8:2くらいでミックスされた宇宙まおの表情に、
どうぞご注目ください!
今夜21時です!

今夜は札幌のHMVでインストアライブ!
父の生まれ故郷の札幌。
私のルーツとなる地でまた歌えることを嬉しく思う!
みんなに会えるのを楽しみにしてるよー!

「BSR」レコーディング裏話シリーズ その2

2017年05月11日
こんにちは!
宇宙です。

今日の東京はとてもあたたかいね​​。
私は久しぶりにおうちで音楽を聴きながらこのブログを書いています。
音楽を聴くということも、
私にとっては映画を観たりスポーツするのと同じことで、
“体験”が伴う行為であることが大事なんだなあと思います。
そんな感覚が肌に合う最近の私は、
アナログレコードを触る瞬間がなんだか新鮮で楽しいです。
スティーヴィーワンダーのファンキーなサウンドを聴いていると、
「ヘアカラー」のレコーディングを思い出したりするわけです。

「BSR」レコーディング裏話シリーズ、
今日はベースのダッチさんについて書きたいと思います!



この小さなスタジオできゅっとまとまって録られた音。
楽器や機材が所狭しとセッ​ティング​されてる図はやっぱりワクワクしますよね。

ベースの安達貴史さん。
今回始めましてでしたが、
録音された音を聴いてもらうと分かる通り、
超ノリノリでぶっ飛ばしてるっていうか、
ビートをグイグイ引っ張っていってくれていますよね!
「ヘアカラー」では5弦ベース!



ライブやレコーディングの現場であまり見たことがなかったので、
興味津々で演奏の様子をうかがっておりました。

私は「ベッド・シッティング・ルーム」のベースラインに、
堪らないポイントがいくつもあります。
割とゆったりしたテンポの曲の中でベースが加速していく瞬間が、
すごい好きなんです。
一番曲全体の熱量が上がるというか、
燃えてる火に薪を足していく感覚というか…。

「セカイイチ☆片想い」と「痴話喧嘩」の中にも、
みなさんそれぞれの好きなプレーを探してみてくれたら嬉しいなあ。

​​ダッチさん、ありがとうございました!

次回はギターの林部さんについて書きたいと思います!
「BSR」レコーディング裏話シリーズ、まだまだ続く〜〜

「BSR」レコーディング裏話シリーズ はじめます

2017年05月10日
こんにちは!
宇宙です。

ここ数日は、ワンマンライブツアーへ向けたリハーサルがもりもりでした。
「ベッド・シッティング・ルームへようこそ」ツアー、
宇宙まおの部屋に遊びに行くみたいな気分で、
リラックスして音楽を楽しみに来て欲しいなと思ってます。
友達の家で、友達とのおしゃべりに夢中になってしまって、
時間が過ぎるのもあっという間に感じてしまうような、
そんな感覚になって帰ってもらいたいなー。

今日から、作品の肉体の部分、
音の制作についての裏話を書いて行こうと思うよ〜。

曲作りを一年前から続けてきて、
そのあたりの頃から考えていたこととか、
ひとつひとつの歌に対する構想とか、
そういうものは全曲解説のページを読んでほしいと思います。
この解説、自分で言うのもなんですけどかなりいい意味での簡潔なまとめになっています。
歌を聴きながら、
文章のテンポなども含めて、楽しんでもらえたらいいなあ。

なのでここでは、
レコーディングで演奏してくださったミュージシャンのみなさんについて
触れていければなと思います!

プロデューサー本間昭光さんが呼んでくださったこのメンバー。



最強のチームですね…!
このみなさんに、
「ヘアカラー」「ベッド・シッティングルーム」
「痴話喧嘩」「セカイイチ☆片想い」
の4曲を演奏して頂きました。

ドラムの玉田豊夢さん。

斉藤和義さんのライブを見てから、ずっとファンでした。
夢がまたひとつ実現してしまいました…。

豊夢さんの音に対するこだわりについては、
言うまでもなく周知の事実なのかもしれませんが、
今回その様を目の当たりにして驚くことばかりでした。

一番印象的だったのが、
録音前のサウンドチェックの段階で、
他のみなさんとの音合わせで何か感じたのか、
ドラムセットをまるごと取り替えるために
わざわざおうちまで取りに帰ってくれたことです!



取り替えられたドラムセットで録った音は、
CDで聴いて頂いた通りです!
バスドラのサイズが通常よりも大きめなの、写真でわかるかな?
その深く広い音だったり、
スネアの的確なチューニングだったりが、
宇宙まおの声にすごく合っていると感じました。
空気が一緒に振動している感じがする。

どの曲でも勢いと冷静さが同居していて、
私の目指すものを具現化してもらえました。
豊夢さん、ありがとうございました!

あと驚いたのが、豊夢さんの肩甲骨が異常に柔らかいこと…。
これも有名なエピソードだと思うので、写真、どこかで見れると思います。
調べてみてね♪

次回はベースのダッチさんについて書きたいと思います!
レコーディング裏話シリーズ、続く〜〜

「BSR」MV制作裏話シリーズ 完結!

2017年05月09日
こんにちは!
宇宙です。

「ベッド・シッティング・ルーム」リリースから2週間が経とうとしています。
爆発的な勢い、ではないけれど、
前作よりも明らかに、
多くの人に、広く深く浸透していっている実感があるんです。
人生って、ほとんどの場合目に見えるような大きな変化は突然訪れたりしない。
それでもゆっくりじっくり毎日は、確実に変わって行っている。
そういう作品を作ってきたし、そういう人生だったし、
そんな素晴らしい日々をきちんと描いていける音楽人生をこのまま
前向きに歩んで行けたらいいなと思っています。

タイトル曲の
「ベッド・シッティング・ルーム」のMV制作裏話シリーズ、今日完結させます!
最後にお話したいのはやっぱりこの人。
清水くるみちゃん!

くるみちゃんを初めて私が知ったのは、
彼女が雑誌のインタヴュー記事の中で宇宙まおの「あの子がすき」について触れてくれたことがきっかけ。
その後、ライブに来てくれたり、
彼女がお手紙をくれたことだったりから交流がはじまり、
今ではしょっちゅうご飯を食べに行くほど仲良くしてもらっています。

くるみちゃんのお芝居が、私はとても好みです。
音楽で言ったら、歌唱のニュアンスだったり演奏の癖だったり、
そういうもので好きなミュージシャンが決まったりすると思うんだけど、
それと同じような感覚で、私はくるみちゃんのお芝居がとても好きです。
上手だな、器用だな、とかはもちろんあるんだけど、きちんと相手の反応に合わせてリアクションしているそのセンスが、ほんとにすごいなあと思う。

そんなくるみちゃんと、兼ねてからずっと、何か一緒にやりたいねと話していました。
お仕事でもプライベートでも、何か一緒に作れたらいいなあと思っていた。
その機会をうかがっていた。

「ベッド・シッティング・ルーム」で、
清水くるみという才能の力を借りれることは、 これ以上ない最高の理想だった。
今の宇宙まおだからこそ、表現できるミュージックビデオを作り上げることが出来ると思った。
だから、くるみちゃんに出演をお願いした次第です。
くるみちゃん、こんな形で一緒に仕事ができて幸せです!ありがとう!



失恋したあとの彼女の衣装、
とても素敵だったよね。
ララランドみたい!





カメラマニアのくるみちゃん。



撮影中もたくさん写真撮ってくれた。





前にツイートしたこの写真、覚えてるかな?
FREITAGのiPhoneケースがお揃いでした^^



監督やスタッフさんの演出力、曲の理解度高さ、そして猪塚さん、くるみちゃんの実力。
全てが上向きに作用していって、結果、最高の映像作品が出来たと思っています。

ずっとずっと、みんなの心にも残っていく作品になればいいなあと思います。
見守ります。

長々と続けてきましたMV制作裏話シリーズ、今日をもって完結です!
でも!作品について語りたいことはまだまだある!

次からは、レコーディング裏話シリーズを始めます!
プロデューサー本間さんの、お茶目なエピソードなど公開していきます☆
乞うご期待!

28歳になりました

2017年05月08日
こんにちは!
宇宙です。

本日5月8日、28歳になりました!
関わってくれる全ての方々のおかげで、人間として音楽家として、ここまで生きてこれました。

いつもありがとう。

毎年この日を迎える度に思うことですが、年を重ねていくことが年々面白くなっていっています。
変化していく自分自身、毎日が、とてもおかしくて楽しい。
そんなことに気付かせてくれたのが
「ベッド・シッティング・ルーム」という作品。
この作品をスタートに、 これからの生き方を新しい価値として、音楽を通して表現していけたらいいかなって思ってます。
うまく言えないけど…。
やりたいことがスッキリ見えていることはわかります!

これからも、
私の音楽とみんなの人生がシンクロしていく瞬間をもっと感じられるような活動を続けていきたいと思います。

よろしくお願いします!
28歳たのしむぞー!

「BSR」MV制作裏話シリーズ その7

2017年05月02日
こんにちは!
宇宙です。

名古屋のコメダ珈琲より、このブログを書いているよ!

「ベッド・シッティング・ルーム」のMV裏話シリーズ、
今日は出演してくれた、猪塚健太さんについて!

清水くるみちゃんに出演してもらうことが決まって、
ストーリーも見えてきてから、
やはり相手役の俳優さんがいないと成立しないなあという話になりました。
失恋の物語をちゃんと見せたかった。

候補の方は何人か挙げて頂いていたのだけど、
結果、本当に猪塚さんで良かったと心から思います。

映像の作品においては、
いくらお芝居をしても、演出をしても、
それぞれの人間そのものが醸し出す空気感っていうのは、
絶対画面の外にも影響していくもので、
観る人の受け取り方を大きく左右する要素だと思います。

この「ベッド・シッティング・ルーム」という作品の歌たちは、
私たちが日常で抱える痛みや、やるせなさや、どうしよもなさ、
はたまた、大胆さや、潔さや、滑稽さを、
くるくると展開させて見せています。
それらのとりとめの無さや、唐突さの部分を
優しく包んでくれる毛布みたいな空気が、
このMVには流れていると思うんです。
それが、猪塚さんの存在だったと思います。

くるみちゃんのあの元気爆発の笑顔は、
目の前に猪塚さんがいたから見れたものだと思う!

コタツでお菓子食べながら漫画読んでる猪塚さんを、
宇宙まおは目撃してしまいました。
カットされてしまいましたが、カラオケ屋での撮影で、
「粉雪」を熱唱する猪塚さんを、
宇宙まおは目撃してしまいました。
ファンのみなさんごめんなさい。
ごちそうさまでした!

猪塚さん、ありがとうございました!



次回は、この写真を撮ってくれた人、
作品の主人公になってくれた、清水くるみちゃんについて書きたいと思います!
MV制作裏話シリーズ、ついに最終回!
アーカイブス
カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031